活版印刷の魅力を知る

長らく文字印刷の頂点に君臨していた活版印刷ですが、写真植字などの台頭によって、その数が減って21世紀のいま商業印刷中心を担う役目終えてます。ですが、活版印刷なく名たのではなくて、身近では、名刺や結婚式ペーパーアイテムなど少部数でも高品質な印刷求められる分野で利用されていて、書籍でも限定本など趣味性などが高い分野で好まれています。活版印刷が持ってる独自の味わいは今の印刷にない魅力ですが、凹凸の面白みなどその魅力は様々で多岐にわたっています。いまの印刷にない表現法として注目されてきています。

活字選ぶ、文字を組むなど伝えたいことがあるから一つ一つの作業をして刷る。それらにかかわる方の体温がどこかで感じられるのが魅力かもしれません。そして、活版印刷に用いられてる文字の型を活字といいます。以前名刺交換したとき雰囲気がいい、味のある名刺もらったことがあって、活版印刷を利用したものでした。最近これが盛り上がっていて、いまから30年ほど前までは活版印刷利用する会社が普通だったのですが、今通常の印刷で活版印刷使われたりしません。

これは金属などでできた活字文字を組み合わせて文になる版を作って、それにインクつけて神に押し付けて言って印刷する方法となります。紙に押し付けるときに圧力かかって今の印刷機にない独自の凹凸できたり、インク量による独自のムラが出きて1枚づつ違った味を楽しめるのです。そして今の印刷機にくらべて手間がかかって時間かかります。メンテナンスも自分でしますから、お金かかるのです。そして、世界に1つしかない印刷できるといったことで日本にある数すくない活版印刷機利用した印刷注目されています。

また、活版印刷独自の味のある印刷愛する方はたくさんいて、名刺やバースデーカードなど自分主張のためにプレゼントのために作ってもいいでしょう。そして、活字は素材は金属で作られますが、はんこみたいな仕組みで凸状に刻まれてる柱上の文字にインキをつけて紙に押し付け文字印刷するといった仕組みなのです。仕組みが単純で活字使って印刷物作る作業はアナログ的なのです。

活字は基本的に一つに1文字しか刻まれなくて、文を作るときは大量にある文字の中で使う文字を探して、それを文章通り並べなおすといった作業となります。さらに活字は文字サイズごとに別のもの必要です。文庫本1冊分の文を活字利用して印刷すれば膨大な作業料発生したりします。