活版印刷が廃れた理由と今後について

一昔前ですと活版印刷と言い文字を並べた上に用紙を押し付けて印刷する方式が主流です。ただ、この方式は非常に面倒でして活字を一から自分で並べて文字を作る作業をしないといけない点と活版印刷の機械自体を使える人が少なくなりまして廃れてしまいました。

当時は名刺のような小さなもので印刷に失敗して欲しくないものについてはこの活版印刷が主流でしたが時代も変わり、カラープリンターに名刺を作成する機能が搭載されたことで活版印刷は廃れてしまいます。

しかもこの活版印刷、新しく出来た文字などが登場した際は自分で文字を彫り作る必要があります。こういった手間がかかることでも活版印刷が使われなくなった理由になります。

ただ、現在活版印刷が復活の兆しを見せておりましてその理由ですが手作り間がある文書やインクの滲み方など温かみのある印刷方法として現在は人気が出ている印刷方法です。現に名詞なんかは今でも活版印刷を希望される方が多いですし、何か特別感を出す際、活版印刷を希望する方が多いです。例えば私の場合ですと近所の喫茶店なんかだと活版印刷をした特別な文字で印刷をしてメニューが作られています。

こういった具合に特別な文字で印刷をし貰うことが出来るのが活版印刷の魅力といえます。まあ、この場合は文字の金型を一から作り文字を作ったらしいのですがそういったことが出来る人がいると特別な人とは違う名刺なんかも作れたりするわけです。印刷方法としてはかなり原始的でありはんこを押すといった感じの印刷方法で文字の色も黒が多く地味ですが最近はまた技術が更新され始めカラーリングも増えましたし、特別なものを希望する際には活版印刷が一番よいでしょうね。

例えば、絵はがきを作る際、実は活版印刷の機器で絵はがきを作ることができ、この際のプレスの力加減でインクの乗り方が変わり柔らかな印象の絵はがきを作ったり出来るもの活版印刷の魅力です。これは文字に対しても同じことが言え柔らかな文字を作る際もプレスをする際の力加減で文字の雰囲気が変わりますので同じ文字は存在しないのです。

同じ物が存在しないという点に置いて活版印刷を利用される方も活版印刷で印刷されたものを受け取る側も印象に残るものを相手に渡せるのだと私は個人的には思います。現状、活版印刷は廃れているのが現状ですが技術を継承して進化させることが出来ればこの活版印刷の技術はまた、完全に復活するのではないかと私は個人的に思います。