活版印刷の原理や歴史など

活版印刷とは、活字を使用した印刷方法のことです。
印刷は、版の種類に応じて「凸版」「平板」「凹版」「孔板」の四つに大別されますが、活版印刷は凸版印刷の一種に該当します。
凸版印刷には、「鉛版」「樹脂版」「写真凸版」といった種類があり、これらを総称して活版印刷と呼ぶこともあります。

活版印刷の原理は非常にシンプルで、他よりも高い位置にある印刷箇所にインクを付着させ、そこに紙を乗せて上から圧力をかけることで、印刷されます。
木版刷りだと、版は一枚の板だけですが、活版印刷は一文字ずつ別の活字となっているため、文字の差し替えなどが容易になっています。
英語で、活版のことを「movable type(可動活字)」といいますが、それはこれが由来です。

では、活版印刷はどのくらい前からあったのかというと、歴史上最も古い活字としては、中国の「陶活字」や朝鮮の「金属活字」などが挙げられます。
しかし、現在の活字の原型を作ったのは、15世紀の金属加工職人である「ヨハネス・グーテンベルク」でしょう。

グーテンベルクの発明により、それまでは手書きで作っていた物が大量かつ迅速に複製できるようになり、一般市民の手元にまで印刷物が行き渡るようになりました。
その後、活版印刷は主流の印刷方法となり、さらに産業革命による機械化や技術の進展も相まって、より多くの印刷物を作ることが可能になりました。
近年においても、雑誌や新聞などの印刷物は、その大部分が活版印刷が用いられています。
日本にこの技術が入って来たのは、幕末から明治の初め頃です。
本木昌造が活版印刷技術の導入に成功したことで、それからは活版印刷が主流の文字印刷法となっていましたが、70年代頃から「写真植字」、俗にいう写植を用いた「オフセット印刷」という方法が導入され始めました。
写植と比べると、活版印刷は設備などに手間がかかるため、文字印刷の主役の座を明け渡すことになります。

そして、今日ではDTPの技術が発達したことで、キーボードを叩けば文字製版ができるようになったため、活版印刷はごく一部でしか使われなくなってしまいました。

それに合わせて、文字を鋳造するメーカーも少なくなり、産業としては衰退状態にあるといえる活版印刷ですが、名刺や賞状など、少ない部数で精度が求められる印刷物には、今でも使われています。
また、活版印刷を動く状態で保存しようという動きもあり、凸版印刷株式会社の「印刷博物館」などが活動を続けています。